子どもたちに「未来の学力」を

福田 誠治 (著)

「テストなし、落ちこぼれなし、格差なし」の
フィンランドの教育改革についてかかれた本。

学力は変化するものとして考え
《日本の学力観は「何を学んだか」を最重要視しているのに対して
EUは学力観を「これから何が出来るのか」にシフトした。》

現代でも昭和の頃と変わらず「繰り返し覚えること」が中心の教育に
「これでいいのか?」かと日頃から疑問を感じていたので
すっきりしました。

もちろん、漢字や九九など、覚えなければならないのは学習の基礎ですが
IT社会では、自ら新しい方向性を見いだせるような
まさに「これから何が出来るのか」という力は必要だと思います。

《子どもの成長をじっくり見るという視点を、今の日本は失ってしまっ
たのです。子ども時代を保障しないから、結局、うまく大人になれない。》

この部分は、「小さい頃は、ゆっくり伸びる」という【楽育】の考え方と
同じで、共感しました。

「子ども時代」にどんな体験をさせてやりたいかを考える機会にしたいと
思います。