いよいよゴールデンウィークが始まりました。
天気が良かったので、今日は庭で色水を作って絵を描くことにしました。

最初は庭に咲いている花やハーブを使って色水を作り
それを使って画用紙に色を塗るつもりでいました。

花びらや葉っぱを集めてすり潰し、ガーゼで汁を搾って色水を作りました。

ところが実際に描いてみると、色が薄過ぎてうまく描くことができません。

そこで、娘がチェリーセージの赤い花を指で画用紙に押しつぶすように
してみました。すると鮮やかな赤色が画用紙に出て大喜びでした。

パンジー、ツルニチニチソウ、ローズマリー、サクラソウの花や
キャットミント、アキレア、タイムの葉など
庭にあるものを次々に試して、絵を描きました。

庭の小さな自然から色を探して絵に描く作業は
子どもの想像力と表現力を刺激するようで
自然の絵の具を使い、指で描くことをとても楽しんでいました。

【楽育】では、親子で一緒に楽しむ「WITH」を大事にしています。

そこで、大人の私たちも作品づくりに参加しました。
やりはじめると面白くて、つい夢中になり
2作、3作と絵を描きました。

夕方、近所へ散歩に出かけた時は、よその庭の花を見て
「あの花、いい赤が出そうだね〜」
と親子ですっかり物色モードになってました・・・。

ハーブで色を出す
ハーブで色を出す。

娘の作品
娘作

パパの作品
パパ作

ママの作品
ママ作

にほんブログ村 子育てブログへ
– – – にほんブログ村 ランキング参加中 – – –

Copyright (C) 秋月秀一 All Rights Reserved. 本サイト掲載の記事、画像などの無断転載を禁止します。