(社)日本経済団体連合会が、企業会員425社を対象に実施した「新卒採用(2010年3月卒業者)に関するアンケート調査」の結果を発表しました。

それによると、採用選考時に重視する要素の第1位は7年連続で「コミュニケーション能力」。
2位は「主体性」で、昨年「協調性」に10.3ポイントの差をつけて逆転しました。
また、「専門性」が昨年と比べ8.9ポイント上昇し14位から9位へ浮上、「一般常識」も6.6ポイント上昇したそうです。


企業が「選考時に重視する要素」
1位:コミュニケーション能力(81.5%)
2位:主体性(60.6%)
3位:協調性(50.3%)
4位:チャレンジ精神(48.4%)
5位:誠実性(38.9%)
6位:責任感(32.9%)


コミュニケーション能力については、7年連続でダントツの1位で、もはや不動といえるでしょう。

昨日、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」で、新入社員が暗闇の中でコミュニケーションを深め合う「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」という研修が特集されていました。
それは、社員たちが異なる大きさのパーツを持って暗闇に入り、お互いがコミュニケーションを取りながら、それを組み合わせるという内容でした。
この研修に対する企業からの問い合せは多いそうで、新人にコミュニケーション力を求める姿勢が印象的でした。

先日、私が働いていた会社で部長になった同期から、部下のグチを聞かされました。
「今の若い連中と意思の疎通を図るのは大変だ。俺たちの時代とはまるで違う。相手と言葉を交わして関係を作ろうとする意欲がまるでない」。
私は、「確かにコミュニケーションが取れないと、チームで動くのは大変だよね」と同情しました。

昔の同期に会ったことで、新入社員の時に経験した「飛び込みローラー営業」の日々を思い出しました。
当時は「こんな事、何になるんだろう?」と疑問を持ちながらやってましたが
20年もたって、ひたすら見知らぬ人を訪問して、話を聞いてもらい、断られるのを繰り返し
数をこなした経験を、有り難く感じます。

イベントや行事に親子で参加して、7歳の娘から質問を受けた時に、私はよくこう言います。

「ちょっと、あそこのおにいさん(おねえさん)に聞いておいでよ」。

「新卒採用(2010年3月卒業者)に関するアンケート調査」の概要
(社)日本経済団体連合会
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2010/030.html

にほんブログ村 子育てブログへ
– – – にほんブログ村 ランキング参加中 – – –



Copyright (C) 秋月秀一 All Rights Reserved. 本サイト掲載の記事、画像などの無断転載を禁止します。