株式会社クラレのサイトでは、2010年版
新小学1年生の「将来、就きたい職業」、親の「就かせたい職業」
についての調査結果が発表されていました。

それによると
男子がなりたい職業は
1位がスポーツ選手(30.1%)、2位が警察官(6.0%)、3位が運転手・運転士(5.6%)

女子がなりたい職業は
1位がパン・ケーキ・お菓子屋(29.6%)、2位が花屋(11.5%)、3位が芸能人、タレント(10.2%)でした。

株式会社クラレ
http://www.kuraray.co.jp/enquete/occupation/2010/

この結果を見ると、「なるほど、そうだよなぁ」と納得なのですが
気になったのは、親の「就かせたい職業」です。

「公務員」が、親が男の子に就かせたい職業では1位、
女の子では「看護師」に次いで2位でした。

不況の影響で、親としてはリストラの心配がない「公務員」が
安心ということだと思います。
本当にそうでしょうか?

【楽育】では、15年先の社会をイメージして、親が子どものことを考えます。

経済ジャーナリスト 財部誠一氏のホームページの「借金時計」によると
現在の日本の借金は、825兆7662億円。
これは、恐ろしい勢いで増え続けています。
借金時計
http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

北海道の夕張市は、深刻な財政難から
2007年に財政再建団体となりました。
夕張市では2006年から市の職員給与削減が行なわれ
全職員の約半数が2006年度末で退職しました。

15年先の社会において、公務員は安定した職業でしょうか?
私は国の財政が厳しくなれば、
公務員といえども安泰ではないように思います。

にほんブログ村 子育てブログへ
– – – にほんブログ村 ランキング参加中 – – –



Copyright (C) 秋月秀一 All Rights Reserved. 本サイト掲載の記事、画像などの無断転載を禁止します。