《幼少期に虐待を受けた場合、後に脳の発達に変化を及ぼす可能性がある》との研究結果が発表になりました。感情や衝動的行動を制御する脳領域でも変化があったそうです。|幼少期虐待で脳構造に変化の恐れ – SankeiBiz(サンケイビズ) http://t.co/Ee2dG1b3