ソーラークッカー


夏休み最終日となった31日、子どもの自由研究に付き合いました。
研究のテーマは、太陽熱で調理ができる「ソーラークッカー」。

「ひろじぃさん」のブログを参考にビニール傘にアルミシートを貼ってパラボラ型のソーラークッカーを作ることにしました。

午前9時から近所の子どもと3人で制作を始め、午前11時から10分おきに水温の上昇を計測しました。
実験を始めると水温はわずか40分ほどで72度まで上昇!

これなら1時間ほどで90度のお湯を沸かしてラーメンを食べられると期待しましたが、その後は曇り空になった為に水温が下降し始めました。

慌ただしく昼食をとりながら、再び太陽の日差しが強くなることを祈るように計測を続けたものの、再び急上昇に転じる事はなく終了に・・・。

午後2時半に52度まで下がったお湯で「チキンラーメン」を作って食べました。

実験成功とは言えませんが、子どもたちは研究結果をA3用紙5枚のレポートにまとめて大満足の様子でした。

そして新学期が始まる今朝は、レポートが折り曲がらないように大きな画板に挿んで学校へ出かけて行きました。