20年後の就業環境。|少子化で就労者の競争率は低下すると思っていた。しかし、サービス分野向けに開発されるロボットのTV特集を見て危機感を持った。現代は就業者の6割以上が第3次産業だが、将来の雇用はロボットの進出によりは激減する。「機械にできない何か」を持つ人が求められそうだ。